!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> モンロー研究所卒業生のヘミシンク不要の体外離脱、プチ除霊日記 地球に囚われるという現象
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球に囚われるという現象

基本的に私たちはこの世界に囚われるように、この世界の意識エネルギーのシステムに囚われています。


この世界のエネルギーは私たちの意識エネルギーに働きかけ、磁化し、この世界に適合させます。


多くの場合、私たちはそのエネルギーシステムに感応して、適応することを選択するのです。


世界の仕組みはこうなっているとか、宇宙の仕組みはこうなっているという、解答を得るために私たちはさまようように、そして答えを与えるものに服従するように、自分でそれを選択する不思議な現象に出会います。


もっとも、それを不思議だと思うほど意識が自由な人は少なく、イレギュラーな存在となります。


多くの場合、覚醒とはそのような例外的な自由さを持つ者によって引き起こされます。


意識が沈んでいる人は、不思議に思う機会すらありません。


4世紀ごろに人によって編纂された聖書、それを信じることに疑いを持たないほど深く沈みます。


ねたむ神、町ごと滅ぼす神を、自分が創造した人間を苦しめる神を、そして、その下僕、天使をあがめることをただしいとおもうほど、人は信じ込みます。


天使は『聖書』によればメッセンジャーと殺人者で、その存在は未確認ですが、天使のヒーリングとかに多くの人が群がります。


最近で言えば、バシャールとかもそうですね。


面白いことに人は信じ込みます、確認もせずに。


この世界にある何か、それがいいものであれ、悪いものであれ、信じればこの世界に囚われるのですが、そういう奇妙なトリックに引っかかるのです。


生きる目的、生まれてきた理由、わくわくした人生、その他、様々なキャッチフレーズ。


人は、それらの言葉に意識を向け、支配されます。


自由を求めるという奇妙な現象も同じです。


他人に理解してもらいたいと思えば、意図的に生きたいと思えば、成功したいと思えば、放射能から逃げたいと思えば、自然の中で生きたいと思えば、人はその想いに支配されるのです。


何かを求めれば人はその何かに支配されます。


実際、その支配力は自分自身の心が生み出しているのですが。


多くの人は、そんな事実に気づくこともなく、命を終えます。
スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

nao

  • Author:nao
  • 17歳でクンダリーニヨガを修め、霊能を獲得し、悪霊をエナジーで捕まえる才能を発揮。

    モンロー研究所におけるプログラム、ゲートウェイ・ヴォヤージを2004年11月終了。また、2005年5月にライフライン・プログラム終了。2005年10月20日エクスプロレーション27終了。そして2005年10月27日に現時点で最高峰であるスターラインズ終了。2006年6月16日MC2終了。2007年10月リモートビューイング終了。あのジョー・マクモニーグルの講義も受けた。2008年10月スターラインズ2修了。2009年8月にハートライン終了。

    現在は、ヘミシンクを使わない体外離脱の講座、プチ除霊とその講座を開催。

    また、全米ヨガアライアンス200RYTを取得し、『女神を起動させるクンダリーニヨガ』の指導も手掛ける。
facebookでつながりましょう!
facebookのプチ除霊はこちら!
どちらかというと、暇な時はFacebookです。
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。