!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> モンロー研究所卒業生のヘミシンク不要の体外離脱、プチ除霊日記 変性意識
FC2ブログ

意識世界とフォーカスレベル

まず理解しなければならないのが、私たちはいくつかの世界の同時に存在しているという事実です。


一つ目が物質世界。


肉体や周りの環境がこれにあたります。


二つ目が意識世界です。


こころや眼に見えない世界、フォーカスレベルの世界もこれに属します。


三つ目はそれらを超越した世界です。


これについて語ることはできないし、語ったとしたらそれはもはや意識世界のことになります。






ヘミシンクをして自分の頭にフォーカスするのも、きちんとヘミシンクの周波数に自分を合わせてフォーカスレベルに到達するのも意識世界という範疇では同じといえます。


問題は、同じ意識世界でも自分が作り出した意識世界と各フォーカスレベルでは明らかに違うということ、それとその違いを見分ける冷静さがなければ、自分の作り出した意識世界に迷い込む結果となります。


そのいい例がフォーカス23です。


このレベルの住人は自分の意識を絶対的な世界と信じ込んでいます。


これは、ヘミシンク学習者にも起こりえる罠でもあります。


自分の経験している世界が「全て」という感覚と、それを信じ込む傾向です。





この自分が作り出した意識世界を超えることができれば何も問題ないのですが、その為には自分が見聞きしたものを全てデーターとして集積して、全て吟味する必要があります。


どれだけ神秘的ですばらしい体験をしたとしても、全てはデーターとして、それが自分が想像できる範囲かどうか、今まで本で読んだことの影響がないかを調べなければなりません。


そういう作業抜きにする危険性は、ちょっと想像したくないですね。
スポンサーサイト



変性意識講座のグループを形成し、集団で勢いをつける

独習の問題は、一人ではなかなか続けることが難しい点でしょう。通信教育などは、多くの人がチャレンジをしますが、たいてい途中で挫折します。

問題は、継続して学び続け、自分の意識をさらに深く、おそらく無限にそれは可能と思いますが、意識の闇を突き進むことで、そのためにグループの持つ力を使いたいと思います。

これは禁煙グループや禁酒グループがそれなりの成果を上げていることからも(完全とは言えないかもしれないが)、それなりの持続性をお互いに刺激し合うことで、可能な限り進んでいくことが期待されのだから。

そういうわけで、昨日のうちに先週までに発送した人の分は案内を送信して、もうすでに数名は参加してもらっている様子。

とりあえず、もう参加している人には、PDFファイルの前半をおまけとして送信するつもり。

聞いた話では、小学校の学習効果の実験で、動画だけよりも文字での情報を脳に入れることで学習効果が飛躍的に増すそうだ。

あとは、i-Podを持っている人は、ぜひ動画を持ち歩いて、時間がある時に何度も聞きなおしてほしいものです。

私の波動はそれなりの効果が期待できます、素直に受け取れれば。

心の探求者であること

アバター®は素晴らしいものでテキストがよくできている。あのテキストを使って、優れたマスターのもとで学べばよほど状態が悪くない限り素晴らしい道が開けるでしょう。

特にマスターコースやウィザードコースはテキストをもらえるので、帰宅後もどんどん使い込めばよりよい意識状態を獲得できるので、テキストが触媒として効果的といえるでしょう。

一方、変性意識開発講座は感覚を磨けるところまで磨いて自分の意識そのもの極限まで深く掘り下げることで、同様のものを達成しようとするもので、システマチックではないけれど直接的だと思います。

言葉という触媒を使わずに直接エネルギーを使うという面では、個人的にはより本質的と思うけれど、慣れるまではもしかしたら難しいかもしれない。でも、意識が理論的ではなく、まるで何が潜んでいるかわからない無明の闇の中を一人探検するようなものである事実に基づいています。

実際、意識の中には予想もつかないものがたくさん詰まっているし、それらは感覚を研ぎ澄まさないと発見できずに永遠に残るでしょう。

感覚を研ぎ澄ますのに自信がない場合はアバター®コースを受講した方がいいと思いますが、基本自分で感覚を研ぎ澄ませるための練習も含まれているので十分役立つでしょう。

なお、アバター®コースの開催は8月7から15日まで予定していますが、可能な限り早めにご連絡ください。

変性意識状態は壮大な研究室

完全に肉体感覚がなくなるまで深い変性意識状態になり、いくつかの技術を覚えれば、人生の仕組みが簡単に解き明かされます。

意識を研究する上でこれは欠かせない状態であり、まさしく実験室です。

このことを理解してくれた方々に、講座はとてもニーズがあったと思います。

あとはやり続けることが必要ですが、ご存知の通り、私はたった一人でも突き進むタイプの人間なので全く問題はなかったのですが、すべての人がそうとは限らないので相互扶助的な組織を作ろうかと思います。

でも、本当は目標に向かってやり続けるのを妨げる自分の中に働く力を分析することをお勧めします。

それが解決するまで、そして解決したら周りの人を手助けするためにご参加いただければと思う。

どうするかは分からないけれど、簡単なのがミクシィのコミュニティですね。

広める

変性意識状態を開発することの価値は、魂の自由だ。

魂が自由ならば、魂がしたいことは何でもできる。

ただ、それはエゴがしたいこととは違う。

だから、顕在意識で生きている人にどう説明したらいいかがよくわからない。

ここら辺がネックだが、アバター®のように段階的に、もしくは人の望み、例えば自己開発とか能力開発、自己啓発のためとすることも可能だが、魂の自由はそのどれとも合致しないため、とても困ってしまう。

嘘をつくことはできない。

現世利益的なものを目的としないため、なんか平安時代の浄土教的な側面がある。

そのため、初めから魂の自由を求めている人や、その価値に気づく可能性のある人を対象に始めるしかない。

しかし、今の時代ほど魂がないがしろにされる時代も珍しい。

精神性より損得勘定とエゴのぶつかり合いばかりの世の中で、どの程度やれるか挑戦し甲斐はある。
フリーエリア
プロフィール

鳴凰

  • Author:鳴凰
  • 17歳でクンダリーニヨガを修め、霊能を獲得し、悪霊をエナジーで捕まえる才能を発揮。

    モンロー研究所におけるプログラム、ゲートウェイ・ヴォヤージを2004年11月終了。また、2005年5月にライフライン・プログラム終了。2005年10月20日エクスプロレーション27終了。そして2005年10月27日に現時点で最高峰であるスターラインズ終了。2006年6月16日MC2終了。2007年10月リモートビューイング終了。あのジョー・マクモニーグルの講義も受けた。2008年10月スターラインズ2修了。2009年8月にハートライン終了。

    現在は、ヘミシンクを使わない体外離脱の講座、プチ除霊とその講座を開催。

    また、全米ヨガアライアンス200RYTを取得し、『女神を起動させるクンダリーニヨガ』の指導も手掛ける。
facebookでつながりましょう!
facebookのプチ除霊はこちら!
どちらかというと、暇な時はFacebookです。
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク