!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> モンロー研究所卒業生のヘミシンク不要の体外離脱、プチ除霊日記 ウィザードコース
FC2ブログ

ウィザードコースがあと2回で終わり、だそうです

先日、スターズ・エッジ🄬よりメールが来たのですが、ウィザードコースがあと2回で終わりだそうです。


理由は知りません。


正直、日本のアバター🄬マスターとの交流はほぼないので。


情報はいらないし。


まぁ、知ったところでいんないけれど。


しかしながら、ウィザードコース中に、記憶に残るというか明確な初めての体外離脱に成功したので、私自身はウィザードコースは大きなターニングポイントでした。


自分の意識をかなり大きく変革できたので。


ウィザードのテキストは、かなり興味深いのですが、正直、自分に人生をかける気がない限り高額すぎて普通は参加したいと思わないでしょう。


頭がおかしいか、ハマりすぎたか、他の要因がない限りウィザードコースに参加することはないと思います。


それでも、アバター🄬コースを受講したいけれど、団体が苦手とか、他の理由で大きなコース(まだあるのかも知らないけれど、続いているかも)は嫌という人は、相談に乗ります。


これクリアしないと、マスターコースもウィザードコースもあり得ませんから。
スポンサーサイト



ウィザードコースの体験

まず、今回は最初から今回が最後というつもりで、ほぼすべての時間を自分自身の意識のバグ取りをするために使うと決めていました。


そのため、日本人とは関らず、無駄な時間を使わないようにしました。


どうしてもおしゃべりとかほかのことに時間を使わないためには、それがベストと思いました。


意識のバグですが、言葉は知っていても意識の中でうまくつながっていない概念を自分の中で消化して取り込む必要があったのです。


意識のバグとは、自分の中で腑に落ちていないエネルギーを伴わない言葉をエネルギーとしての力がある言葉に返還することができるのです。


このためにすることは、本当に地味なシラミつぶしてきな作業をひたすら繰り返すことになりましたが、そのかいがあってすごく意識がすっきりと整理できました。


ウィザードコースのテキストは意識をすっきりと整理して効果的に使うのにとても適しています。


アバター®のテキストの価値は、いろいろな精神の使い方の方法をとても整理していることでしょう。


にたようなテクニックや同じ目的に使える方法もたくさんありますが、やはり短期間でマスターできるように組み合わせたハリー・パルマーは相当頭が切れると思います。


しかしながら、他の日本人とかかわらなかった理由はほかにもあります。


個人的には、彼らと私の向いている方向がかなり違うので、話がかみ合わないからお互い距離を置いた方がいいということもあるのです。


人それぞれアバター®とのかかわり方は選択できると思います。


彼らは彼らなりの宇宙を見ているし、私は私なりの世界を見ています。


ただ、それぞれが違うというだけなので。


今後もアバター®を指導することは続けますが、もう上級コースに行く必要は現時点では認められないので、当初の予定通り、よほどの理由でも今後出てこない限り最後のつもりです。


そうそう、最初のウィザードコースから10年目ということもいい区切りと思います。

未来予知が苦手な理由

基本的に、未来と自分の間には断崖絶壁があって、自分の外側に有るもので、内側という感じがしなかったようです。


これでは未来は自分でもコントロールできないかもしれません。

自分の頭で考えること、知覚すること

頭で考えることは、知っているデーターを使って比較検証することになります。





これは左脳的な働きを使うもので、地上ではとても有効と思われます。





なぜなら、データーから推測できるものが多いからです。





でも、未知のもの、つまりデーターがないものに関しては役に立ちません。





そうなるとどうしても左脳的な未知への扉を開くものが必要になります。





それがモンロー研究所のヘミシンクに代表されるようなテクノロジーと思います。





両方のバランスをとりながら自分の人生を豊かにすることが重要でしょう。





可能性は確かに無限です。





左脳的な未知の領域を探求すればそれはわかります。





しかし、同時に地上では時間が限られているので無限の可能性の中から、自分がやることを選び出さなければならないのも事実です。





そこが人生の微妙なところですね。

豊かさとは選択する力

豊かさとは、ものを所有しているというより、よい友人を持っているというより、多くの存在の中からそれらを選択する力なのです。


それは、自分自身で獲得できるもので、誰にでも可能です。


しかし、同時に自分自身が選択される存在であることを意図しなければなりません。


豊かな人は選択する力を持っているので、結局選択される必要があるのです。


これらは双方向でおきるため、結局豊かな人はより豊かになるわけです。
フリーエリア
プロフィール

鳴凰

  • Author:鳴凰
  • 17歳でクンダリーニヨガを修め、霊能を獲得し、悪霊をエナジーで捕まえる才能を発揮。

    モンロー研究所におけるプログラム、ゲートウェイ・ヴォヤージを2004年11月終了。また、2005年5月にライフライン・プログラム終了。2005年10月20日エクスプロレーション27終了。そして2005年10月27日に現時点で最高峰であるスターラインズ終了。2006年6月16日MC2終了。2007年10月リモートビューイング終了。あのジョー・マクモニーグルの講義も受けた。2008年10月スターラインズ2修了。2009年8月にハートライン終了。

    現在は、ヘミシンクを使わない体外離脱の講座、プチ除霊とその講座を開催。

    また、全米ヨガアライアンス200RYTを取得し、『女神を起動させるクンダリーニヨガ』の指導も手掛ける。
facebookでつながりましょう!
facebookのプチ除霊はこちら!
どちらかというと、暇な時はFacebookです。
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク