!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> モンロー研究所卒業生のヘミシンク不要の体外離脱、プチ除霊日記 本とうか?
FC2ブログ

ヨガの文献をあたる

現代人のためのヨーガ・スートラ (GAIA BOOKS)現代人のためのヨーガ・スートラ (GAIA BOOKS)
(2009/06/20)
グレゴール・メーレ

商品詳細を見る



ヨーガスートラは、ヨガの聖典で世界中で読まれています。


よく読むと、さまざまな精神的トレーニングの元ネタはここかもしれないとさえ思います。


新しいものを追い求める欲を捨て去れば、より自由になれるのかもしれません。


どんどん新しいものが生まれていますが、このヨーガスートラを超えるものはいまだに出ていない気がします。


スポンサーサイト



最近は、ネット上で本を書いている

ブログはさぼりがちだけれど、最近はモンロー研究所での出来事などを本に書いている。

正直に言うとこのブログで書いたものをそのままコピー&ペーストだが、付け足したいことなどは書き下ろしているのでそんなに単純な作業だけというわけではない。

ある程度の形にまとまったらここでご案内はするけれどまだ読める状態ではないので、読みたいという奇特な方は
しばらく時間をください。

今日は原稿を6枚かけた

今日は、昨日と違って原稿を6枚かけた。ほぼ1日中パソコンをたたくこととなった。

本当は1日10枚描くことを目標としているので、いいとは言えないが最も根幹となるところを書いたのでしょうがないかもしれない。

BGMはHigherを使用した。昨日はEinstein's Dreamだったのだが、あまり筆が進まなかったので変えてみた。

なお、10枚かけた時はリメンバランスを使用していたので明日からはリメンバランスを使おうと思う。

ウィザードコースは本当にいいか?

もう10年以上前となってしまったが、ウィザードコースに関して「いいよ~」という誘われ方だった。具体的に何がいいとか、自分の人生をどう変えたという事実などはほぼなかった。

個人的な当時の観点として、その人の言うことを信じる根拠は何もなかった。逆にすごく怪しげだった。私自身は「楽しい」とか「いい」という感覚は創造可能な範囲内だったので、特にそれを「外から」感じるために90万円近くかける理由が見つからなかった。

前にも、修了した人がさほどすごく思えないというか、否定的に見ていたのでその人がいいといっても否定的に見てしまった。坊主憎けりゃっていうやつ。

彼らが言うには、たくさんの人が来るから会場の雰囲気が違うとか、会場のエネルギーがすごいとか、どれも自分が源じゃない理由にしか見えなかった。

その後、自分自身の内面的な問題として、ちょっとした発見があったことがきっかけで行くことになったが、結局のところ他人が何を言おうと関係ないという心境だったし、他人の結果が自分にも起こるわけでもないと思った。

他人など見る必要はない。他人と比較する必要もない。

純粋に自分を見ようと思った。

その結果、経済的に苦しかったにもかかわらず130万円を集めることに成功した。当時の自分にとっては奇跡的だった。会社が倒産することも覚悟していたころだったから。とにかく収入がなかった。

結局、目的を達成しないためのいろいろな理由があったにすぎない。

お金や他人を理由にし過ぎていた。

重要なのは、何かをしないための理由ではなく、自分が何をしたいか、そしてするかだ。

「猫的に活きる」

ハリー・パルマーの「意図的に生きる」をぱくって「猫的に活きる」はどうかと提案したが、犬派の2人にダメ出しをされた。シェパードとボストンテリアがうろつく事務所だから、仕方がない。

犬も嫌いではないが、日本人はもう少し猫的に活きた方がいと思う。気まぐれで、好きなことをして、ごろごろして、自由を満喫する生き方だ。

おそらくみんなが会社勤めをし続けるのは、「安心」したいからだろう。会社にいれば社長が給料という形で生活を保障してくれる。家族の生活もかかってしまえば、ここから抜け出すことま難しい。

「バビロンの大金持ち」(廃刊している)に奴隷に身を落とした人が自由と尊厳を勝ち取る話があるが、あれは現代でいえば会社に勤める人の話だ。本自体はアメリカで書かれた作品なので、その社会背景を反映している。

もし読む機会があれば、ぜひご一読を。なお、アマゾンなどでは8000円ぐらいで取引されていた時もある。図書館にリクエストするのもいい。

個人的には、お金のことをいかに早く忘れられるかが鍵と思う。
フリーエリア
プロフィール

鳴凰

  • Author:鳴凰
  • 17歳でクンダリーニヨガを修め、霊能を獲得し、悪霊をエナジーで捕まえる才能を発揮。

    モンロー研究所におけるプログラム、ゲートウェイ・ヴォヤージを2004年11月終了。また、2005年5月にライフライン・プログラム終了。2005年10月20日エクスプロレーション27終了。そして2005年10月27日に現時点で最高峰であるスターラインズ終了。2006年6月16日MC2終了。2007年10月リモートビューイング終了。あのジョー・マクモニーグルの講義も受けた。2008年10月スターラインズ2修了。2009年8月にハートライン終了。

    現在は、ヘミシンクを使わない体外離脱の講座、プチ除霊とその講座を開催。

    また、全米ヨガアライアンス200RYTを取得し、『女神を起動させるクンダリーニヨガ』の指導も手掛ける。
facebookでつながりましょう!
facebookのプチ除霊はこちら!
どちらかというと、暇な時はFacebookです。
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク