!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> モンロー研究所卒業生のヘミシンク不要の体外離脱、プチ除霊日記 Starlines
FC2ブログ

スターラインズ・メディテーション

最近はあまりチェックをしないが、スターラインズに参加した人のメーリングリストが存在する。以前は毎週のようにスターラインズ・メディテーションの誘いがあったものだ。最近はどうなのだろう?時間は日本では朝の6時頃だったと思う。

グリニッチの時間で指定があった。

人によっては、太陽のエネルギーでサーフィンをしたという人もいたが、アメリカ人の発想は結構面白い。

ここ連日のようにスターラインズのCDを使っているが、ほとんど寝ている。しかし、面白いアイデアや発想が生まれるので、その眠っている間に自分が何かをしていることは確かのようだ。

以前はそのプロセスを観察したいと思っていろいろ努力したが、どうにも現場を押さえることができない。どうやら意識が完全に消さることが重要な感じがする。

来月の今頃、スターラインズ?が始まっているが、どうなるか楽しみではある。
スポンサーサイト



フランス女

そういえば、というくらい今頃思い出した。

EX27とスターラインズに連続して参加したのは日本人が2人とイギリス生まれのアメリカ人1人、そしてフランス女性2人だった。

その中にエブリンという女性がハグの時にチュッとほほにキスをしてくれた。よく洋画などでみる軽い挨拶のようなやつだ。

こういう挨拶は人生で初めての経験ではあったが、さっきまで記憶の外にあった。

さすがフランス人。と思った。

でも、もう一人のマリーは「フランス語でメールを送って」とか無茶な注文をしていた。これもフランス人らしいと思った。フランス人は国を挙げてフランス語をとても大事にしている。

バイブレーションを学ぶ

スターラインズでもっとも印象に残ったのは、バイブレーションを学ぶと言うことだ。

おそらくすべての意識体がその流転の過程で学ぶことは、バイブレーションを自らのエネルギーの中にバイブレーションを記憶させることに有る、ということだ。

死んでも持って行けるものの一つがこれである。

有る意味、バイブレーションを色々コレクションすることによって自分自身が成長していくらしい。

銀河系の星々を駆けめぐって、結局学んだのはそれぞれの星のバイブレーションだったと思う。それを、人間としての意識が理解できるようにすることによって、それが言葉として理解されるようだ。

この翻訳によってそれぞれの星のもつ知恵を言葉として学ぶことが出来た。これが人生で学ぶ価値のあるものだと言うのが、現時点での理解だ。

帰国のときに

帰国のとき、朝の4時45分に出ることになっていた。

私ともう一人変える予定の助成は時間通りに用意していたが、フランシーンが準備できたのは5時ちょうどだった。マイクが言うには、「女性はいつも遅れる」そうだ。

山を下っていく途中、ウサギが車の前を過ぎていった。ウサギははじめてみたが、この周辺ではハンティングの時期で、下手にうろつくと打たれるという注意があったが、結構獲物となる動物もいるようだ。

空港に着くと、フランシーンともう一人の女性とハグをしてわかれた。ここからはいつもの世界へ帰っていくことになる。

なんとなく、向こう側から、通常の世界に帰っていくような不思議な感覚がある。

6時45分ほどのフライトでアトランタに向かい、アトランタから成田へは13時間以上かかるきつい旅となる。これさえなければいいのだが。

ただ、今回は帰国してすぐに仕事が入っていないのが多少のゆとりがあった。飛行機の中は意外にも空いていた。日本を出るときは満席だった。

デルタ航空のいいところは、日本でまだやっていない映画を見ることができるという点だが、今回も楽しんだ。

前回の旅では時差ぼけで1週間影響を受けたが、今回はそれを防ぐために日本時間に無理やり合わせることにした。平たく言うと、帰国しても起き続けた。

このおかげで、次の日から時差ぼけに悩まされることなく通常の生活に戻れた。ただ、ちょっと感覚がずれていて、実際に思考が普通になったのは11月も半ばに入ってからだ。

午前中2回目

書き忘れたが、25日の3回連続セッションの他との昼食のとき、何を思ったのかスプーンで春巻きを切ろうと努力していた。ナイフでやれよ。

周りの人が気づかなかったのが幸いだが、すごくぼけていた。こういうときこそグラウディングが必要だ。そのためにやったのが半身浴。これは効果がある。

毎日やっていると、汗の量が減ってくるが、それでもグラウディングにはベストだ。風呂場では藤崎さんという日本人唯一のアウト・リサーチ・トレーナーの本を読んでいた。

サイン入りで書棚に入っている。以前は5ページ読んだところで挫折したが、今回は時間があったので全部読んだ。

なぜ挫折したか、理由は聞かないように。

ただ、このトレーナーの資格を私もとろうかと思ったが、今回のスターラインズでちょっと悩んだ。理由としては、フォーカス49ぐらいのレベルを指導したいが、このトレーナーの資格では12どまりだからだ。

しかも、モンロー研究所的にはスターラインズレベルのCDを発売するつもりは今のところないようだ。やれやれ。

さて、セッションはF49に行って、その領域にあるアンドロメダに行った。なお、この時点ではフォーカス42とフォーカス49のバイブレーションに違いがあるのがちょっとわかりにくかった。

アンドロメダでは、マネージメント&コーディネーティング・インテリジェンスと惑星や恒星のコアになる二つの選択肢があることを知った。これは興味深い見解だった。

コアになる場合とM&Cインテリジェンスになるのとは、その方向性によって違うらしい。知的生命体と深くつながるか、それとも物質と深くつながるかで違うそうだ。

面白いものだ。
フリーエリア
プロフィール

鳴凰

  • Author:鳴凰
  • 17歳でクンダリーニヨガを修め、霊能を獲得し、悪霊をエナジーで捕まえる才能を発揮。

    モンロー研究所におけるプログラム、ゲートウェイ・ヴォヤージを2004年11月終了。また、2005年5月にライフライン・プログラム終了。2005年10月20日エクスプロレーション27終了。そして2005年10月27日に現時点で最高峰であるスターラインズ終了。2006年6月16日MC2終了。2007年10月リモートビューイング終了。あのジョー・マクモニーグルの講義も受けた。2008年10月スターラインズ2修了。2009年8月にハートライン終了。

    現在は、ヘミシンクを使わない体外離脱の講座、プチ除霊とその講座を開催。

    また、全米ヨガアライアンス200RYTを取得し、『女神を起動させるクンダリーニヨガ』の指導も手掛ける。
facebookでつながりましょう!
facebookのプチ除霊はこちら!
どちらかというと、暇な時はFacebookです。
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク